女の人生ひとり旅
ゆるく働きフラリ旅立つ。 30代の旅&労働情報です。
釧路 長期滞在

【釧路】旅行/ノマド/長期滞在するならいつがいい?季節ごとのメリット/デメリット

こんにちは。働いて旅立ってを繰り返している、30代の旅好き管理人♀・こばとです。

ノマドさん
ノマドさん
自分はノマドワーカーだ。
長期滞在先として釧路を考えているけど、どの時期がベストなんだろう?
旅好きさん
旅好きさん
道東、釧路に旅行に行く予定。
自分がいく時期はどんな風景が見られるの?

☝こんな方におすすめの記事です。

旅好きを惹きつけてやまない北海道。特にひがし北海道は雄大な自然を有し、道外の人がイメージする「THE☆北海道」な広大な景色が広がっています。

そんなひがし北海道地域の南に位置し、経済・文化の中心地なのが釧路市です。網走市と並んで、道東観光の拠点となる町です。また近年は観光地としてだけでなく、その涼しさから避暑地・長期滞在先としても人気が高いです。

管理人は、2019年2月末~3月上旬、4月中旬~5月末に釧路を拠点に道東に滞在しました。特に、4~5月には釧路市中心部に一か月超住んでみて、釧路は住みやすいし、道東に至っては毎日のようにその魅力を実感しました。

そこで今回は、釧路市に旅行や長期滞在する場合、観光面や生活面では季節ごとにどんな特色があるか、メリット・デメリットをまとめました。

花粉が少ない春

釧路市 2018年の平均気温(気象庁HPより)

日平均気温(℃) 日平均 最高気温(℃) 日平均 最低気温(℃)
3月 1.1 4.9 -2.9
4月 4.9 8.8 1.6
5月 9.5 13.9 6.2

釧路の春は寒いです。3月はまだまだ冬、春の始まりは4月中旬からだと考えた方がいいです。特に夜はかなり冷えます。

4月中旬以降は、ダウンを着るほどではないですが、管理人は4月中旬からは、ヒートテック+ニット+ボア付きパーカ+ストールで過ごしていました。
管理人が滞在した2019年GWは、最高気温17度程度でしたが、寒いのに慣れていたので暑く感じたほどです。

春に滞在するメリット

生活面

なんといっても花粉が少ないこと!!!!

釧路地方にはスギ・ヒノキが自生していないので、本州在住の場合の辛い花粉症とは無縁なのです。

管理人が東北地方から釧路に来たのは4月です。東北にいた頃は、花粉にヤラレ外出を控えるほどでしたが、釧路に来たら自然と治っていました。花粉症が辛い方は春の滞在がいいかもしれません。

観光面

GW以外は閑散期なので、どこへ行くにも空いていることが多いです。

春に滞在するときの注意点

観光面

山々の色が薄い

春の釧路付近はちょっと寂しい色合いです。釧路湿原は絶対行くべきすばらしい場所ですが、4~5月は新緑には早く、まだ湿原は茶色いままです。写真でよく見るような目の覚めるような緑になるのは6月頃からなので、写真の釧路湿原を想像して出掛けると、ちょっと面喰うかもしれません。

ただ、湿原には5月上旬~中旬はミズバショウがたくさん咲きますし、5月中旬にはヤマザクラも開花します。春ならではの風景もとても美しいですよ。


☝2019/5/6撮影の、釧網本線ノロッコ号から見た釧路川&釧路湿原
蛇行した釧路川は見事ですが、やはり色がちょっと寂しい。6月になると新緑になる。

涼しい!観光ベストシーズンの夏

釧路市 2018年の平均気温(気象庁HPより)

日平均気温(℃) 日平均 最高気温(℃) 日平均 最低気温(℃)
6月 12.6 16.4 9.6
7月 16.5 20.0 14.2
8月 17.4 21.1 14.7

ーーーー
参考:東京都東京 2018年の平均気温(気象庁HPより)

日平均気温(℃) 日平均 最高気温(℃) 日平均 最低気温(℃)
6月 22.4 26.6 19.1
7月 28.3 32.7 25.0
8月 28.1 32.5 24.6

7~8月にかけては、釧路は、東京よりも一日の平均最高気温が10℃も低いですね。涼しすぎるでしょ…!
この涼しさから避暑地としても人気が高いです。釧路がこんなに涼しいのは海沿いに町があるから。同じ北海道でも、内陸部の札幌や帯広は近年は本州とほとんど変わらない暑さです。

ちなみに、平均ではなく、東京の8月中の最高気温は37.3℃(2018年)でした。釧路はどれだけ暑くなっても最高は30.1℃(2018年)でした。

夏に滞在するメリット

生活面

涼しい!!

大切なことなので何回でも言います。

観光面

観光のベストシーズン

写真でよく見る絶景写真は夏が多いです。花が見ごろを迎え、緑が深まり、空も青くコントラストが美しい季節。摩周や阿寒の山々、釧路湿原や霧多布湿原など青々とした緑色になります。トレッキングや鉄道(釧網本線や花咲線)での旅も一層楽しくなります。

釧路は一年を通して魚介が美味しいですが、釧路から日帰りで行ける根室では、7月になると花咲ガニが旬を迎えます。

夏に滞在するときの注意点

観光面

8月の観光地はどこへ行っても混雑していますが、許容できるなら無問題。

ということで、避暑地に最適、長期滞在するなら夏は絶対的ベストシーズンです。


☝厚岸の道の駅の牡蠣ステーキ丼。
厚岸は釧路からJRで一時間の港町。冬のイメージが強いカキも、厚岸は一年中旬です。とくに生牡蠣は超絶美味しいです。

登山するなら秋

釧路市 2018年の平均気温(気象庁HPより)

日平均気温(℃) 日平均 最高気温(℃) 日平均 最低気温(℃)
9月 16.4 19.9 13.0
10月 11.8 15.9 6.6
11月 5.5 9.8 0.5

本州では9月はまだまだ猛暑が続きますが、釧路はぐっと肌寒くなります。9月も避暑地として利用できそうです。

秋に滞在するメリット

観光面

紅葉と夕日がキレイな時期です。

紅葉は阿寒湖畔や屈斜路湖、硫黄山などで見られ、道東の短い秋を堪能できます。登山するならさらに楽しめます。道東の紅葉は9月下旬色づき始め~見ごろは10月下旬ころと本州より早めです。
釧路市の夕日は、その美しさが「世界三大夕日」のひとつとして数えられるとしてガイドブックに必ず載っています。特に秋は、海に真西に沈む夕日が見られ、一年の中で最も美しいとされています。

秋はごはんが特に美味しい季節。9月下旬には根室でさんま祭りが行われるので、花咲線に乗車し出掛けてみては?


☝釧路市の観光施設MOOから見た春の夕日。
秋は太陽が西に移動し、水平線に沈むのが見られ夕焼けの色も深まる。

秋に滞在するときの注意点

観光面

北海道の紅葉は早く終わってしまうので、見ごろが過ぎると山々の色がなくなり、雪化粧するまでは少し寂しい印象になります。

厳しい寒さと絶景の冬

日平均気温(℃) 日平均 最高気温(℃) 日平均 最低気温(℃)
12月 -1.7 2.5 -6.7
1月 -3.2 0.7 -7.7
2月 -4.8 -0.5 -10.4

釧路の冬の寒さはかなり厳しいです。
管理人は2019年2月下旬に滞在しましたが、釧路市は海沿いなので風も冷たく、体感気温は平均気温よりもっと下なんじゃないかと思いました。寒いです‥。ただ、北海道にしては道東は雪が少なめなので、豪雪で出歩けない!ということはほぼありません。

わざわざ冬に長期滞在しなくても良さそうですが、たんちょう鶴の群れや摩周湖の霧氷などの絶景はこの時期にしか堪能できませんよ。あえて寒いところに行きたいって方ならばぜひ。管理人は冬にあえて極寒の地に行き観光し、宿でぬくぬくゴロゴロ過ごしたいタイプです(聞いてない?)ので、冬を推します!!

冬に滞在するメリット

観光面

冬ならではの絶景が見られる

たんちょう鶴への給餌は冬のみに行われるので、給餌場では優雅なたんちょうを確実にたくさん見ることができます。たんちょうは、春~夏の間は湿原にポツポツいるので運が良くないと見られません。

釧路から日帰り可能な摩周湖では、気候によって霧氷が見られます。釧路を拠点に知床や網走に行くと流氷が見られます。


☝霧の摩周湖。釧路から日帰り可能な景勝地。
周辺の木々が霧氷で真っ白になるのも冬ならではです。

冬に滞在するときの注意点

生活面

寒い。寒いぞ。海沿いなので風が冷たいし。寒い…

スーパーがちょっと遠い

短期旅行にしても長期滞在にしても、釧路駅近くに宿をとる方がほとんどだと思います。コンビニは至るところにあるので、短期間の旅行の場合は特別気になりませんが、一週間以上滞在する場合はスーパーが必要です。

釧路駅~幣舞橋周辺(ゲストハウスやアパートメントやビジネスホテルが集中しているエリア)には、徒歩すぐの距離にはスーパーが無いです。幣舞橋付近からスーパー(ドラッグストアも隣接されている)までは徒歩15~20分はかかるので、車が無ければ冬の長期滞在は少し億劫かもしれません。

生活面観光面

車の運転要注意。

釧路周辺の道路はツルっツルになります。郊外の道路は鹿も飛び出てきます。北海道の冬の運転に慣れていなければ避けた方が無難。地元の方も「冬の釧路をレンタカーで巡るのはやめな」と言ってましたね

まとめ

いかがでしたが?どの時期ももちろん素晴らしいんですが、重視する所、好みは人それぞれだと思います。自分が絶対に譲れない部分を優先して季節を選べば、あとは多少の不便さはカバーできるはずです。釧路での滞在、実りあるものになりますように☆

オワリ

ABOUT ME
こばと
こばと
ひとり旅歴15年超の30代シングル。国内が多め。 会社員人生を降り、短期の労働で旅資金を貯め、長期の旅行に出ています。旅行自体もひとりで行くが、人生の迷路をさまよい歩いている30代なので、人生自体がひとり旅だと思っている。 働くのが嫌い。旅先での自然さんぽと街歩きが好き。猫への愛がすごい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です