女の人生ひとり旅
ゆるく働きフラリ旅立つ。 30代の旅&労働情報です。
ひとり旅のきろく

【川湯温泉】自然とお買い物を楽しむ1日観光モデルコースその② ~硫黄山編~

旅した日:2019/5

ひがし北海道の小さな温泉街・川湯温泉

温泉はもちろん自然散策が楽しく、美しい森と広大な山々、驚きの植物分布を体感できます。そして駅前には雑貨屋さんや骨董品店などの小さくて素敵なお店があり、お買い物まで楽しめるほっこりスポットです。

道東観光する方!釧路や摩周湖や屈斜路湖に行くのなら、すぐ近くの川湯温泉にも足を運んでみてください。絶対おすすめ!!ネイチャー好き・さんぽ好き・温泉好き・雑貨好きいずれも満足するはずです♪

今回は、硫黄山~川湯温泉街の魅力いっぱいオススメ観光スポットの案内です。

1日観光モデルコース

モデルコースでは、前日に川湯温泉入りして宿泊、次の日は温泉宿からお散歩するコースをおすすめしています。

宿泊できない場合は、川湯温泉の宿にて日帰り入浴を楽しむのもいいですよ。

前日

釧路湿原、摩周湖、屈斜路湖など観光
釧路駅より川湯温泉駅まで―JR釧網本線で約100分
川湯温泉ホテルパークウェイ泊

一日観光

川湯温泉ホテルパークウェイ

⇩ 徒歩/約15分 青葉トンネルは朝が絶対気持ちいい!

硫黄山見学 滞在時間30分

⇩ 徒歩すぐ

つつじが原自然探勝路

⇩ 樹海散歩を楽しみながら約1時間

川湯温泉エコミュージアムセンター

⇩ 館内ガイド/約15分

⇩ アカエゾマツの森探索/約25分

⇩ 徒歩/約3分

すずめ食堂でランチ

⇩ 徒歩/1分

川湯温泉足湯

⇩ 徒歩すぐ

郵便局前バス停

⇩ 阿寒バス川湯線/約10分
⇩ 川湯温泉行乗車

川湯駅前バス停

⇩ 徒歩/約
4分

骨董 温故知新 和雑貨のお買い物

⇩徒歩/約4分

生活雑貨ぱんPANAPANA パンと雑貨のお買い物

森のホールスイーツとお茶で休憩

⇩ 
徒歩すぐ

川湯温泉駅

⇩ JR釧網本線/約100分

釧路駅

どこかの惑星に来たような硫黄山

前回の記事では、ホテルパークウェイから青葉トンネルを抜けて硫黄山までたどり着きました。☞【川湯温泉】自然散策とお買い物を楽しむ1日観光モデルコース~温泉宿編~【東北海道】

硫黄山は活火山です。あたり一帯は硫黄のぷーんとした匂いでいっぱい!川湯温泉の源であり、かつては硫黄を採掘する鉱山でもあった、弟子屈町の歴史を物語る場所。到着したら、まずはもっくもくの噴煙が立ち上る様を間近で見ましょう。ゴゴゴゴゴゴ…と唸りを上げて煙が山を包み込みます!地球が生きている音なのだと実感します。

※硫黄山は登山はできませんが、噴煙をすぐ間近で見ることが出来ます


山のふもとにいくと、あちこちにある硫黄の結晶。自然に、こんな美しい黄色が生み出されるなんて不思議で仕方ない。

ゴボッゴボッと温泉が湧きだしている様子。もちろんメチャクチャ熱い。


ヤケド注意。硫黄の結晶には絶対触ってはいけません。皮膚溶けます。
管理人は温泉の方にちょこっと触ってみたら熱さに無言で飛び上がったよ…。一人旅だとみじめさを慰めてくれる人がいない。ので苦笑いでやり過ごす。


辺りはもくもく白煙の世界。
硫黄山から振り返ると、上記の景色。
轟音に、白い灰が広がる、荒涼とした大地は地球外の惑星に来たみたいでワクワクしました。
遠くに東北海道の山々が見えるので、青々とした山と白い灰のコントラストが素敵。快晴だったので、雪をかぶった斜里岳(知床)も拝めて興奮。

硫黄山レストハウス 

4月下旬頃~10月下旬頃 8:30~17:30
10月下旬頃~4月下旬頃 8:00~17:00

硫黄山ふもとにあるトイレ&売店。大型駐車場有。温泉卵が有名。
硫黄山自体は何時でも見学できます。もちろん無料。

※管理人は、寅さんのファン。硫黄山は、『男はつらいよ 知床慕情』に寅さんが訪れた観光名所として登場。とらやの面々にいつも通り厄介者扱いを受けた寅さんが、硫黄山に訪れその様子をたまたまテレビ中継され、またとらやの住人に呆れられる…というシーンに登場しました。この後、寅さんは知床のウトロに行きます。釧網本線で川湯温泉を抜けて知床まで北上したんだろうなぁとシミジミ。

硫黄山より魅力的?ぜひ行ってほしい、つつじが原自然探勝路

管理人が、硫黄山そのものよりも、感心し感銘を受け大好きになったのがこちら。

硫黄山に来たなら!硫黄山だけサラッと見学して写真撮って車で次の場所へ…と移動するのはとっても勿体ない!大型バスで来て、写真だけ撮ってすぐ去った観光客の方たち、絶対損してます!(スケジュールが決まってるので仕方ないけど)

森や山や植物が好きな方、静かなところをボーッと歩くのが好きな方、体力無いけど手軽に自然散策したい方にもってこいなのがつつじが原自然探勝路です。

つつじが原自然探勝路とは?

硫黄山~川湯エコミュージアムセンター(川湯温泉)をつなぐ、全長2.5㎞、片道徒歩1時間ほどの自然散策路。駐車場のすぐそばに入口があります。

平坦な道なので、体力に自信が無くても安心して歩けます。歩道が整備されているため、いつも履いているスニーカーでOK。

絶対おすすめ。

道東観光ではあんまり知られていない存在ですが、ぜひ歩いてほしい、みんなに広めたい!!管理人は予備知識なしで「探勝路あるから歩いてみよー」程度だったのですが、本当に素晴らしかったです。

つつじが原自然探勝路の魅力

ここの何が素晴らしいかというと、視界360℃の樹海と道東の山々の眺望、そして驚きの植物分布を実感できることです。

探勝路を、硫黄山から川湯へ向かって歩いていくと、

「木が生えない岩だらけの大地」→「背の低いハイマツ帯」→「一面のイソツツジ帯」→「白樺などの広葉樹林帯」→「アカエゾマツの針葉樹林帯」

と、植生がどんどん変わっていくのが楽しめるのです。

硫黄山一帯 → ハイマツ帯へ


手前から、岩ゴロゴロ地帯、背の低いハイマツ帯、背の高い広葉樹林帯、道東の山々、のコントラストが不思議。雪をかぶった斜里岳がキレイ。

ハイマツ帯


見下ろせる高さのハイマツが広がります。硫黄山となりの帽子山。形がかわいい。

※高山帯に生えるハイマツは風の影響を受け、這ったようにもっと背が低くなります。つつじが原のハイマツは、それほど風の影響がないため、高山帯のそれより背が高くなっているのです。土地によって植物は形を変えるのです、面白い~!


途中、展望デッキがありますので絶対登ってね。

展望デッキは、視界360℃の樹海と道東の山々の雄大さを一番感じられる場所です。この探勝路のハイライトです。時間がない旅人さんでも、展望デッキまでは来てみてほしい!


デッキから見下ろす。

樹々が平坦に生えている様を見下ろすことって、日常生活で早々無いですよね?でもここではそれが叶う。管理人は見た瞬間、「これこそが樹海なのね!」と思いました。樹の海。まさにそのとおり。ほんとに海に見えるんですよ。波が穏やかな、樹の海。「樹海」という言葉を噛みしめます。

自分の周囲は、樹と山と空だけ。風の音しか聞こえない。観光客が他に一切いなかったこともあり、世界にひとり取り残されたような、寂しいような嬉しいような不思議な気持ちになりました。


樹々の向こうでモクモク黙々と煙を上げ続ける硫黄山。

写真だと伝わらないのがもどかしいですが、この360℃パノラマが素晴らしすぎで、動画とりまくりでした。樹海に感動し、慣れない動画を撮りため、しばしボーっとする管理人。これが一人旅のイイところですね。同行者がこの風景に興味なかったら気を遣いますもん。

イソツツジ帯

ハイマツ帯を抜けていくと、人の手が加わっていない、野生のイソツツジ群が待っています。真っ白な花をつけたツツジが100ヘクタールも咲き誇っていて、そのなかを歩ける幸せ!


…のはずですが、イソツツジは6月満開なので、管理人の行った5月はまだこんな感じでした。北海道の夏は遅いので、色がまだ寂しいですね。

火山灰地に生きる、強いイソツツジ。その花が咲いて、あたりが真っ白になる光景は圧巻だそうなので、楽しみは次回に持ち越しです。

広葉樹林帯

ツツジ群を抜けると、一気に樹木の背が高くなります。


このアカゲラの小径は、川湯エコミュージアムセンターに続く、広葉樹林の森。これまでは(植物の背が低いので)常に太陽にさらされていましたが、ここからは木陰が出来るのでちょっと涼しいです。

東北海道では、いろんなところで白樺が生えていました。白樺は、黄緑の葉っぱと白い幹に太陽の光が反射してさらに美しくなるので大好き。

ここまで歩くと、川湯温泉街はすぐそこですよー!

針葉樹林帯

アカゲラの小径に入り15分程度で、川湯エコミュージアムセンターに到着。センターの後ろに広がっているのがアカエゾマツの森です。

アカエゾマツの森は散策コースが整備されていて、25分程度で一周できます。


背の高ーい松たち。空気がひんやりしていて気持ちいい。


大きくなるまで何年くらいかかるんだろうか?可愛らしいベビー松たち。

硫黄山から歩き始めること1時間。岩がゴロゴロな火山灰地を抜け、植物が現れて、その植物の分布がどんどん変わっていく様がとっても面白いです。もちろん、川湯エコミュージアムセンターから歩き始め、硫黄山に抜けることもできます。徒歩1時間という小さなエリアで、これだけの植生の変化が楽しめるのはなかなか無いです。しかも探勝路では、常に道東のなだらかな山々の風景が楽しめるので最高に気持ちいいです。

管理人はたまたま見つけた探勝路を歩いて、「この風景や植物分布の変化に楽しみを見出せるなんて私って大人じゃん!すごくないか?!」と思いました。(すごくはない)もともと自然は好きでしたが、こういった楽しみ方は初めて知ったので嬉しかったです。旅してみると、好きなことがどんどん増えていくのを実感しますね。旅ばんざい。

次回は~森&街歩き② ランチ&買い物編~です。

温泉宿編はこちら☞【川湯温泉】自然散策とお買い物を楽しむ1日観光モデルコース~温泉宿編~【東北海道】

ABOUT ME
こばと
こばと
ひとり旅歴15年超の30代シングル。国内が多め。 会社員人生を降り、短期の労働で旅資金を貯め、長期の旅行に出ています。旅行自体もひとりで行くが、人生の迷路をさまよい歩いている30代なので、人生自体がひとり旅だと思っている。 働くのが嫌い。旅先での自然さんぽと街歩きが好き。猫への愛がすごい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です