女の人生ひとり旅
ゆるく働きフラリ旅立つ。 30代の旅&労働情報です。
ひとり旅のきろく

【利尻島】島の空をずっと見ていた。利尻の夕日絶景スポット4つ訪問感想【北海道】

利尻島に滞在した期間:2019/6~9

管理人は3か月間、リゾートバイトのため北海道利尻島に滞在していました。

離島は空が広い、近い。島の空の大きさに魅了され、必然的に夕日を追い求めるようになり、あっちこっち出かけて行きました。天気の良い日は夕日ストーキングが日課に…。そこで、有名夕日スポットの紹介&訪問してみての感想をレポートします!北の果ての夕焼は格別でした。

夕日の穴場スポットについてはこちら☟

夕日スポットはどの辺りにあるの?

今回紹介する夕日スポットは全部で4か所です。うち、沓形地区1か所、鴛泊地区3か所です。

沓形と鴛泊が利尻島の繁華街であるため、ホテルや旅館はその二つの街に集中しており、ほとんどの旅行者がどちらかに宿泊すると思います。いずれの夕日スポットも街から徒歩圏内です。利尻島の西側に位置する沓形地区では、水平線に沈む夕日を、島の東側の鴛泊地区では、隣の礼文島や利尻山の麓に沈む夕日が見られます

※夕日はその日によって、夕焼けの濃度や空の色が大きく異なるため、眺望やアクセスなど、おすすめ度を総合的に判断しました。

沓形岬公園(沓形)

西側の代表的な夕日スポット。沓形フェリーターミナルに隣接し、繁華街や各ホテルからも徒歩圏内です。沓形岬公園はキャンプ場になっていて、トイレや遊歩道が整備されています。


▲2019/8月下旬撮影。右にうっすら見えているのが礼文島

西側なので、目の前に障害物がなく、水平線に沈んでいく様を堪能できます。展望デッキもあり、フェリーターミナルや礼文島が一望できます。ここは遥か昔の溶岩流でできた地形なので、海岸線に溶岩がごろごろしているのが面白いです。

☆管理人の独断と偏見の感想☆

管理人の偏った指向ですけども。展望デッキは狭くて、先客のカップルの会話が丸聞こえなので落ち着かず、デッキから降りて海岸線沿いの道路から夕日を眺めました。ただ、その道路は車や人の出入りが多いので、ここも落ち着きませんでした。たまたまでしたが、地元民のグループが公園のベンチで騒いでで、あとから車で違う人が乗り付けてきたり。もちろん公園なので自由にしていい場所だとはわかっていますが、夕日をボーっと見たいひとり旅女には合いませんでした。逆にグループでワイワイ夕日を眺めたいならいいと思います!水平線に沈む夕日をバックに、女子旅グループがジャンプして写真を撮っていたのが印象的でした。

また公園からは利尻富士も見えますが、その手前にホテルとか電柱とかの人工物が多いので山の眺めはよくないです。自分も観光客なんですけどね…!

沓形岬公園は、沓形地区に宿泊する方で、太陽が水平線に沈む様子をお散歩がてら見に行きたい方におすすめ。

眺望 ★★
アクセスの良さ ★★★
静かさ ★

ちなみに、沓形から鴛泊方面に向かう道路をしばらく走ると、人工物の入らない利尻富士を簡単に撮影できます☟ 沓形を過ぎると、ところどころある住宅地を除き、辺り一帯に草原が広がっているためです。

▲夕暮れ時、赤く染まっていく利尻富士。栄浜地区にて撮影。

夕日展望台(鴛泊)

その名の通り、夕日の名所。鴛泊の繁華街に近く、各宿から徒歩圏内。6~8月は、日の入り時刻が近くなると、大勢の観光客でにぎわいます。

20台以上は停まれるであろう駐車場があります。展望台へは緩やかな階段を10~15分程歩きます。運動不足だとちょっと息が切れますが、歩幅の広い階段なので、子供でも安心して登れます。

▲2019/7月上旬撮影。日没後のマジックアワー。


▲展望台からは、日に染まる利尻富士と鴛泊の住居も見える

☆管理人の独断と偏見の感想☆

礼文島とポンモシリ島(上の写真の麦わら帽子のような形の島)、グッと内側に入り組んだ海岸線のシルエットが特徴です。アクセスが良いので、宿からふらっと夕日を見に出かけ、そのあと町で飲みたい方におすすめ。ただ6月~8月は、有名な場所であるために観光客がよく訪れるので、ひとりで日が沈むのを堪能したい!って方には不向きかな。観光客が多すぎて行列が出来る、ってほど混んではいないですが…

赤く染まっていく利尻富士の全貌に、神々しささえ感じるのですが、ふもとに無機質な人工物(スーパーとかパチンコ屋とか看板とか)が並んでいるのでそのコントラストにちょっとがっかり(住んでいる方ごめんなさい)。山+住居の景色なら、街並みの全体像が見られるペシ岬の方が情緒があって好きです。

眺望 ★★
アクセスの良さ ★★★
静かさ ★

ペシ岬展望台(鴛泊)

フェリーターミナルに一番近くて歩いて行ける、ガイドブックに必ず載っている展望台です。駐車場は無いです。

急な階段を15分~20分くらいかけて登る必要があり、軽いハイキング気分です。途中から階段が無くなり、さらに急な坂が現れるので必ず運動靴で行きましょう。登りは足の角度が80°くらいになるので頑張りましょう…

☆管理人の独断と偏見の感想☆

ペシ岬は夕日展望台より東側にあるので、夕日展望台よりも、礼文島に沈む太陽や淡く染まる空が遠くに見えます。ただ、ここからの眺望の特徴は、鴛泊の街並みが一望できることです。

▲2019/8月下旬撮影。頂上からの眺め。湾沿いに鴛泊の街並みが広がる

夕日展望台から見た利尻富士+鴛泊地区は、味気の無い建物や店の看板が近くてちょっと興ざめだったんですが、こちらは距離が遠いので“街並み”として見られます。なだらかな山の斜線と湾曲した海岸線沿いに、町が形成されていることがわかって面白いです。山に人が住まわせてもらっているのか、人の側に山があるのか。さらに黒い海岸線のシルエットと、光を受け淡いピンクに染まっていく海の対比が素敵です。

そして沈む太陽を背にすると、灯台、大海原と、はるか向こうに北海道の陸地が見えます。夕日はもちろん、こちらの景色も一緒に楽しめます。

2019年8月下旬は日の入り時刻が18時すぎでした。夕日を眺めていたところ、ふと振り返ると、稚内発の最終フェリーが近づいてくるのが見えてラッキー。(2019年タイムテーブルでは利尻着18:20)

▲鴛泊港に向かうフェリー。船って旅情ありますよね

▲日が沈んだ頃、フェリーに灯る灯り

日が沈むと、ポツポツと、鴛泊一帯に灯りが付き始めるのも見られます。

ペシ岬展望台は、夕日、礼文島や海岸線のシルエット、鴛泊の街並み、利尻富士、灯台、フェリー、大海原、湾内から野塚へ続く海岸線、北海道…と盛りだくさんな景色を楽しめます。利尻島を俯瞰で知りたいならまずはココ!という展望台だと思います。夕日だけでなく、いろんな景色を楽しみたい方へおすすめ。上り下りは若干疲れますが、それを補うに余りある風景が待っています。

日中は観光客が多いですが、日の入り時刻になると人気(ひとけ)が一気に減ります。

見どころの多さ ★★★
アクセスの良さ ★★★
体力(星が少ないほど大変) ★

一番おすすめ野塚展望台(鴛泊)

メジャーな4つの夕日スポットのなかで、管理人がいちばん好きな場所です。

鴛泊フェリーターミナルから、車やバスで10分ほどで行ける、高台にある展望台。30台は停まれそうな広い駐車場があり、トイレ(洋式あり)も併設されています。ここのトイレは清掃が行き届いており、いつ行ってもとても清潔です。なぜわかるかというと、管理人はこのあたりに住んでいたので、連日トイレと夕日に通い詰めていたから(笑)ちなみに、鴛泊フェリーターミナルから、徒歩だと1時間くらいかかるのでちょっと大変。

ペシ岬展望台よりさらに東に位置するため、ペシ岬のシルエットが夕日に浮かび上がる姿が見られます。


▲2019/7月上旬撮影。ペシ岬奥の礼文島に日が沈む。

▲2019/8月下旬撮影。この日の夕焼けは忘れられない。7月に比べ、太陽の沈む位置が西へ移動しているのがわかる

その日により夕日の色味は変わりますが、8月下旬に野塚で見た夕焼けが本当に素晴らしく。夕日に照らされ、海の色がどんどん変わっていく姿に魅了されました。日が沈む瞬間、海面が濃いオレンジ色に輝いたかと思ったら、淡いピンクになったり紫になったり。波の穏やかな“凪”の状態だと、さらに色が反射して美しく見えます。山の影に隠れた湾側の黒い海面、光の反射しているオレンジ色の海面、光の差さない青い海面、と海の色彩の豊富さにすっかり夢中になっていました。

▲オレンジからピンクに変わり始めた水面。青い海との対比がいい。

☆管理人の独断と偏見の感想☆

野塚展望台は超おすすめです

野塚から夕日を見ると感傷に浸れます…。太陽自体は遠くへ沈むのに、手前に住宅地のあるペシ岬の眺望よりも、海面に反射する光が強く、海面の色彩の変化を楽しめると感じました。また、ハイシーズンでも人がいなくて静かなのも良いです。日中も人が少ないですが、日没近くとなるとまずいないです。野塚展望台の隣は旅館(※)ですが、大型ホテルではないので宿泊客がどっと夕日を見に来る、ということも皆無。

ちなみに、日の入り時に限らず、野塚展望台はおすすめです。駐車場内のトイレ右隣りにサイクリングロードの入り口があるのですが、サイクリングロードを入ってすぐに、利尻昆布の干場があります(砂利が敷き詰めてある場所)☟

▲2019/6月下旬撮影

この砂利の場所に、利尻富士をバックにズラーっと並んだ昆布の群れ(笑)が見られることがあります。昆布が並んでいる様は圧巻の一言。その光景が見られるのは、7月~8月の晴天の日中だけです。利尻昆布のシーズンに、早朝に島民総出で昆布を並べ、午後には回収してしまうので、毎日見られるわけではありません。昆布干し自体は、条件さえ揃えば島の至るところで見られるものの、ここは利尻山をバックに撮影できるフォトジェニックな場所です。管理人はここでの撮影チャンスが無かった…

また、野塚から始まるサイクリングロードは、高台から海や港を見下ろす、海岸線と草原の中を走り抜ける、などの絶景ポイントが続き、利尻島西側の沓形まで繋がっています。こちらも最高に気持ちがいいのでおすすめです。

眺望 ★★★
アクセスの良さ(バスは本数が少ないので車推奨) ★
人の少なさ ★★★

※野塚展望台の隣にある旅館『雲丹御殿
この旅館は展望台に隣接することもあり、オーシャンビューです。さらに海側の庭に、ブランコが置いてあるんです。ブランコ乗りながら夕日見るとか最高ですね。

まとめ

以上を参考に、ご自分の好みの夕日スポットに出かけてみてください。各地にそれぞれの景色の魅力があるので、時間があるならあちこち巡ってみると楽しいと思います。また一日として同じ夕日は無いので、滞在中に素晴らしい夕焼けを見られたらそれだけで心に残るはずです!

オワリ

 

ABOUT ME
こばと
こばと
ひとり旅歴15年超の30代シングル。国内が多め。 会社員人生を降り、短期の労働で旅資金を貯め、長期の旅行に出ています。旅行自体もひとりで行くが、人生の迷路をさまよい歩いている30代なので、人生自体がひとり旅だと思っている。 働くのが嫌い。旅先での自然さんぽと街歩きが好き。猫への愛がすごい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です